20種類の療法でうつを治す
人気の、MSLうつ回復プログラムはこちら

2009年03月02日

うつ病とアンカーつぶし

うつ病を治していくとき、うつ症状が何に結びついているかを知ることが実はとても重要です。

例えば

うつ的な症状は治まってきたけど、電車に乗ろうと思うとパニックになる。

職場のことを考えるだけでも動悸がして、職場復帰ができないでいる。

落ち込みは無くなってきたけど、実家に帰るとまた沈み込む。

などなど、これらの症状は、ある場所と無意識の引き起こすうつ反応が結びついてしまっている(アンカリングされている)状態です。

この結びつき(アンカー)を壊すのが、アンカーつぶしです。

例えば電車とパニックが結びついている場合であれば、具体的に電車のどの刺激(振動、皮膚感覚、視覚情報)がアンカーとなっているのかを特定して、それをイメージと訓練によって違う反応に変えていきます。

そうすることで、電車に乗ると動悸がするという負のアンカーを解除することができます。

またネガティブなアンカーと、ポジティブなアンカーを同時に発動されるという方法もあります。

「電車に乗る→不安」というパターンと、「好きな音楽を聴く→高揚」というパターンを同時に発動させるのです。

すると、一瞬、混乱が起こります「ん?・・・・・・ん?」不安になっていいのか、高揚していいのか分からず、干渉が起こるんですね。

それによって脳内の神経ネットワークを書き換えるのです。

で、その後、電車のことを思い出しても動悸がしなくなります。

あまりに単純なので、クライアントさんは狐につままれたような表情をします(^^)。

単純な方法ですが、ある研究によれば、この方法が行われた30分後には、脳内に新しい神経ネットワークが作られているそうです。

ですので変化が生まれて当然なんですね。

うつ病というと、心の問題としたり、脳のホルモンバランスや分泌異常の問題とされがちですが、脳の神経の結びつきの問題とするところに解決の糸口があることも多いのです。

うつ症状が改善してきて、職場復帰のための準備として、自分の症状が何にアンカーされているかチェックして解除しておくといいです。

そうすると、やっぱりみなさん安心されるんですね。

なにより、「自分を変えられる。」という体験するわけですから、それが励みになるようです。

人生は何度でもやり直しがききますよ。

クリックして頂けるとうれしいです(^^)→押して頂けると、嬉しいです(^^)


posted by さはら at 07:54| Comment(0) | うつに効果がある療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
クリックありがとう(^^)人気ブログランキングへ